口述講演のご案内

概要・日程・会場 講演・発表方法 聴講参加 発表資料配付案内 問い合わせ English
基調講演 COMSOL社講演 口述講演 ポスター発表 機器展示 タイムテーブル
聴講参加者用Web登録フォーム
2017年のカンファレンスは終了いたしました。
皆様のご発表とご来場、誠にありがとうございました!
《 このページは2017年の開催記録として保存いたします 》

口述講演一覧

本年のCOMSOL Conference Tokyo 2017の口述講演には、下記の皆様がご登壇されます。
(講演順にて表示、講演タイトルをクリックするとタイトルとアブストラクトが表示されます)
 2017年12月8日(金)

時間

ホール Sの講演はこの色
ホール N1の講演はこの色
ホール N2の講演はこの色
ホール N3の講演はこの色
13:10-13:40 [S-1] 山田 崇恭 先生(京都大学 助教) 他3名
 仮想的な物理モデルに基づく製造制約の実装とトポロジー最適化への展開
[N1-1] Bjorn Sjodin 氏 (COMSOL, Inc.)
 [COMSOL社技術講演]AUTOMATING YOUR MODELING WORKFLOW WITH MODEL METHODS IN COMSOL Multiphysics® 【英語講演】
[N2-1] 水山 洋右 氏 (米国・COMSOL, Inc.)
 [COMSOL社技術講演]COMSOL Multiphysics®光学モジュール紹介
[N3-1] 笹田 一郎 様 (笹田磁気計測研究所株式会社 代表取締役・九州大学 名誉教授)
 磁気装荷によるバスバーの交流損失低減と粉体コアの透磁率推定
13:50-14:20 [S-2] 西脇 眞二 先生 (京都大学 教授) 他3名
 COMSOLを用いた双極型音響メタマテリアルのトポロジー最適化
[N1-2] ARMANDO ROJAS MORIN 先生 (UNIVERSIDAD NACIONAL AUTONOMA DE MEXICO 教授) 他5名
 Exergetic analysis for a micro solar receiver 【英語講演】
[N2-2] 志村 重輔 様 (株式会社村田製作所 シニアマテリアルエンジニア)
 金属リチウム電極への充電制御
[N3-2] 石飛 宏和 先生 (群馬大学 助教)
 学生実験における実験とシミュレーションの併用による熱伝導の理解促進
14:30-15:00 [S-3] 赤井 亮太 様 (大阪産業技術研究所 研究員) 他2名
 COMSOL Multiphysicsに実装されたトポロジー最適化ソフトによる機械構造物の構想設計支援の取り組み
[N1-3] 谷川 紘 先生 (立命館大学 招聘研究教員・教授) 他1名
 pnダイオードアクチュエータで励振したシリコンMEMSデバイス
[N2-3] 狩野 恒一 様 (株式会社コベルコ科研 研究員)
 実測データからのモデル同定のための機械学習手法のCOMSOLへの応用
[N3-3] 高野 直樹 先生 (慶應義塾大学 教授)
 COMSOL Multiphysics & Application Builder を用いた計算力学の研究と教育
15:00-15:40 《 ポスター発表コアタイム (40分):ポスター発表の皆様はご自身のポスター脇でご待機ください 》
ポスター発表の一覧と詳細はコチラをクリック!→ポスター発表
機器展示コーナーにもお立ち寄りください。部屋中央の飲料はセルフサービスにてお召し上がりください。
15:40-16:10 [S-4] 亀田 正治 先生 (東京農工大学 教授) 他4名
 COMSOLによる発泡粘弾性流体破壊の数値シミュレーション
[N1-4] 溝尻 瑞枝 先生 (名古屋大学 助教)
 熱伝導解析を用いた透過型薄膜熱電発電デバイスの設計と作製
[N2-4] 竹内 希 先生 (東京工業大学 特定准教授)
 コロナ放電によるイオン風の発生
[N3-4] 宇野 隼平 様 (みずほ情報総研株式会社 コンサルタント) 他3名
 放射性廃棄物の地層処分に向けた熱-水連成解析
16:20-16:50 [S-5] 古川 達也 先生 (佐賀大学 教授) 他2名
 COMSOL Multiphysicsを援用した柱上開閉器内蔵電力センサの設計と実装
[N1-5] 高橋 英俊 先生 (東京大学 助教) 他1名
 学部授業におけるMEMS静電アクチュエータの設計
[N2-5] 中田 陽介 先生 (東京大学 特任助教)
 RFモジュールにおける固有周波数と周波数領域解析:テラヘルツメタマテリアルへの応用
[N3-5] 椿 俊太郎 先生 (東京工業大学 助教) 他4名
 有限要素法を用いた固定床流通系触媒反応におけるマイクロ波照射効果の解析

口述講演のタイトルとアブストラクト

本年のCOMSOL Conference Tokyo 2017の口述講演のタイトルとアブストラクトです。

ホール S (Hall S)

Oral Session [S-1] 13:10-13:40

氏名: 山田 崇恭 先生
所属: 京都大学 大学院工学研究科 機械理工学専攻 助教
共著者:佐藤勇気様(京都大学)、泉井一浩先生(京都大学)、西脇眞二先生(京都大学)
Name: Takayuki Yamada , et al.
Title: Assistant Professor
Affiliation: Department of Mechanical Engineering and Science, Kyoto University
講演タイトル:
仮想的な物理モデルに基づく製造制約の実装とトポロジー最適化への展開
Session Title:
Implementation of manufacturing constraints based on the fictitious physical model and its application in topology optimization
概要:
トポロジー最適化は設計自由度が高い反面,製造が困難な形状が得られる場合がある.この課題を解決する法として,仮想的な物理モデルに基づく製造制約法を開発した.本発表では,型による成型に関する幾何学的制約,金属系積層造形に関する幾何学的制約を考慮したトポロジー最適化の適用例と,その実装法について紹介する.
Abstract:
This presentation shows topology optimization considering manufacturing constraints using the fictitious physical model. Additionally, The concept is briefly discussed.
このページのトップへ

Oral Session [S-2] 13:50-14:20

氏名: 西脇 眞二 先生
所属: 京都大学 大学院工学研究科 機械理工学専攻 教授
共著者:野口悠暉様(京都大学)、山田崇恭先生(京都大学)、泉井一浩先生(京都大学)
Name: Shinji Nishiwaki , et al.
Title: Professor
Affiliation: Department of Mechanical Engineering and Science, Kyoto University
講演タイトル:
COMSOLを用いた双極型音響メタマテリアルのトポロジー最適化
Session Title:
Topology optimization of hyperbolic acoustic metamaterials using COMSOL
概要:
音響メタマテリアルは,音響伝搬において自然界に存在しない特異な性質をもつ材料である.本研究では,COMSSOLを用いて,双極型の特性をもつ音響メタマテリアルのレベルセット法に基づくトポロジー最適化法を構築した結果を紹介する.
Abstract:
Acoustic metamaterials are the materials having specific properties that do not exhibit the phenomena of acoustic wave propagations in nature. In this research, we introduce a level set based topology optimization method for the structural designs of hyperbolic acoustic metamaterials using COMSOL.
このページのトップへ

Oral Session [S-3] 14:30-15:00

氏名: 赤井 亮太 様
所属: 地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 (ORIST) 研究員
共著者:三木隆生様(大阪産業技術研究所)、北川貴弘様(大阪産業技術研究所)
Name: Ryota Akai , et al.
Title: Research Scientist
Affiliation: Research Division of Electronic and Mechanical Systems, Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology
講演タイトル:
COMSOL Multiphysicsに実装されたトポロジー最適化ソフトによる機械構造物の構想設計支援の取り組み
Session Title:
Support for Conceptual Design of Mechanical Structures with the Topology Optimization Software implemented in COMSOL Multiphysics
概要:
内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)プロジェクトにおいてトポロジー最適化に基づく構想設計法が開発されている。そのプロジェクトの成果普及、および、実用化に向けた活動の一環として、大阪産業技術研究所にはCOMSOL Multiphysicsを利用したトポロジー最適化ソフトが導入されており、それを広く地域の企業に利用いただいている。本発表では、その利用事例について紹介するとともに、トポロジー最適化に基づく構想設計において果たしたCOMSOL Multiphysicsの役割について述べる。
Abstract:
The conceptual design method based on topology optimization has been developed at Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion (SIP) Program. As the part of the SIP program, The Topology Optimization Software implemented in COMSOL Multiphysics has been introduced to Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology for the purpose of disseminating of the developed technology at SIP Program and applying it to the problem with Industrial companies. In this presentation, We show examples of its use and the role of COMSOL Multiphysics on conceptual design.
このページのトップへ

Oral Session [S-4] 15:40-16:10

氏名: 亀田 正治 先生
所属: 東京農工大学 工学府 機械システム工学専攻 教授
共著者:丸山祥吾様(東京農工大学)、山西渓太様(東京農工大学)、山中晃徳先生(東京農工大学)、市原美恵先生(東京大学)
Name: Masaharu Kameda , et al.
Title: Professor
Affiliation: Department of Mechanical Systems Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology
講演タイトル:
COMSOLによる発泡粘弾性流体破壊の数値シミュレーション
Session Title:
Numerical simulation of fracture in porous viscoelastic liquids by COMSOL
概要:
フェーズフィールド法を用いて、爆発的火山噴火のトリガである粘弾性流体の破壊シミュレーションを行った.試料内のき裂を表す秩序変数の時間発展方程式をCOMSOL内のPDEソルバを用いて解いた.COMSOLに実装されているFEMソルバにより,き裂を含む線形マクスウェル流体内の応力・ひずみ場の発展を解いた.3次元計算から,き裂の進展に対する試料内気泡配置の影響を明らかにした.
Abstract:
Fracture in porous viscoelastic fluid, which is a trigger in explosive volcanic eruption, is simulated using a phase-field method. The evolution of the order parameter, by which broken and unbroken states are distinguished, is solved using PDE solver of COMSOL. The evolution of strain-stress field in the system is calculated using conventional FEM prepared in the solver, in which the rheology of unbroken magma is assumed to be a linear Maxwell fluid. The 3-D computational results indicate that the evolution of crack is very sensitive to the arrangement of bubbles.
このページのトップへ

Oral Session [S-5] 16:20-16:50

氏名: 古川 達也 先生
所属: 佐賀大学 理工学部電気電子工学科 計算機応用工学研究室 教授
共著者:吉田大貴様(佐賀大学)、福本尚生先生(佐賀大学)
Name: Tatsuya Furukawa
Title: Professor
Affiliation: Department of Electrical and Electronic Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Saga University
講演タイトル:
COMSOL Multiphysicsを援用した柱上開閉器内蔵電力センサの設計と実装
Session Title:
Design and Implementation of Power Status Sensor Built in Pole Switch Using COMSOL Multiphysics
概要:
福島原発事故以降、日本の多くの国民が原子力発電に代わって、再生エネルギーを求めている。しかし、再生可能エネルギー源による電力が従前の電力系統に接続されると、直交変換器によって生成された高調波ノイズが一般配電系に侵入し、電力機器に深刻な損傷を与える。そこで、著者らは、安定した電力供給を実現するために、一般配電系の柱上開閉器に内蔵される小型電力状態観測センサの設計と実装をCOMSOL Multiphysicsを用いて行った。
Abstract:
After Fukushima nuclear accident, many of the people demand regenerative energies on behalf of the nuclear power generation in Japan. However, once the electricity due to the renewable energy resources is connected to the convectional power networks, the harmonic noises generated by power conditioners will penetrate the consumer’s power delivery systems to give serious damages the power devices. Thus, the authors have designed and implemented the downsized power status sensor built in the power switch of power delivery system to realize the stable electric power delivery using COMSOL Multiphysics.
このページのトップへ

ホール N1 (Hall N1)

Oral Session [N1-1] 13:10-13:40

氏名: Bjorn Sjodin 氏
所属: 米国・COMSOL, Inc. プロダクトマネジメント副社長
Name: Bjorn Sjodin
Title: VP of Product Management
Affiliation: COMSOL, Inc.
[COMSOL社技術講演]
Session Title:
AUTOMATING YOUR MODELING WORKFLOW WITH MODEL METHODS IN COMSOL Multiphysics® 【英語講演】
Abstract:
Learn how to use model methods to streamline your modeling workflow. We will discuss the benefits of using model methods (e.g., customizing geometry creation) as well as how to generate the JavaR code needed to write a model method.
このページのトップへ

Oral Session [N1-2] 13:50-14:20

氏名: ARMANDO ROJAS MORIN 先生
所属: メキシコ国立自治大学 (UNAM) TERMOFLUIDOS, FACULTAD DE INGENIERIA 教授
共著者:Y. Flores Salgado様(UNAM)、A.Barba Pingarron様(UNAM)、A.Jaramillo Mora様(UNAM)、H.R. Mejia Ramirez様(UNAM)、G.P.Rodriguez Donoso様(UCLM)
Name: ARMANDO ROJAS MORIN , et al.
Title: Professor
Affiliation: TERMOFLUIDOS, FACULTAD DE INGENIERIA, UNIVERSIDAD NACIONAL AUTONOMA DE MEXICO (UNAM)
Session Title:
Exergetic analysis for a micro solar receiver 【英語講演】
Abstract:
In this paper, we presented the exergetic analysis for a micro solar receiver, coupled with the parabolic dish concentrator. The paper is structured as follows: In the first part we made an optical design using the Ray Optics Module for three different geometries. With this result, we obtained the solar fluxes at the solar receiver´s surface. In the second part, we made a transient heat transfer analysis to obtain the temperature field. And in the third part, we made the exergetic analysis of the receiver, showing with this the most efficient geometry for the micro solar receiver.
このページのトップへ

Oral Session [N1-3] 14:30-15:00

氏名: 谷川 紘 先生
所属: 立命館大学 総合科学技術研究機構 招聘研究教員 教授
共著者:鈴木健一郎先生(立命館大学)
Name: Hiroshi Tanigawa , et al.
Title: Visiting Research Professor
Affiliation: The Research Organization of Science and Technology, Ritsumeikan University
講演タイトル:
pnダイオードアクチュエータで励振したシリコンMEMSデバイス
Session Title:
pn-Diode Actuator Driven Silicon MEMS Devices
概要:
「pnダイオードアクチュエータ」で励振されたMEMSデバイスでは、静電駆動型デバイスで必須とされていた狭い空間ギャップを必要としない利点がある。試作したこのデバイスの実測結果をCOMSOL解析結果と比較検討し、アクチュエータの有効性を報告する。
Abstract:
In electrostatic driven MEMS devices narrow gaps follow a large electro-mechanical conversion efficiency. On the other hand, no narrow gap is necessary for a pn-diode actuator driven MEMS devices. In this presentation measured characteristics for a fabricated MEMS device are compared with COMSOL simulated ones.
このページのトップへ

Oral Session [N1-4] 15:40-16:10

氏名: 溝尻 瑞枝 先生
所属: 名古屋大学大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノシステム講座 マイクロ・ナノプロセス工学研究グループ(秦研究室) 助教
Name: Mizue Mizoshiri
Title: Assistant Professor
Affiliation: MEMS and Micromachining Laboratory (Hata Group) in Department of Micro-Nano Systems Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
講演タイトル:
熱伝導解析を用いた透過型薄膜熱電発電デバイスの設計と作製
Session Title:
概要:
熱電発電デバイスは,温度差を電気エネルギーに変換するデバイスである.本発表では,窓材等に貼付可能な可視光を透過する薄膜熱電デバイスの作製について報告する.具体的には,熱伝導解析を用いて熱電薄膜内部に生成される温度差を見積もって設計した,薄膜熱電デバイス形状について紹介する.更に,設計に基づいて作製したデバイスの発電特性評価について報告する.
Abstract:
このページのトップへ

Oral Session [N1-5] 15:40-16:10

氏名: 高橋 英俊 先生
所属: 東京大学 大学院情報理工学系研究科 助教
共著者:下山勲先生(東京大学)
Name: Hidetoshi Takahashi
Title: Assistant Professor
Affiliation: Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo
講演タイトル:
学部授業におけるMEMS静電アクチュエータの設計
Session Title:
Design of MEMS electrostatic actuator in undergraduate class
概要:
東京大学工学部機械情報工学科の講義「マイクロ知能機械」において、MEMSデバイスを理解してもらうために学生に櫛歯型の静電アクチュエータの設計を課題として課している。設計にあたってCOMSOL Multiphysicsを導入することで、学生がアクチュエータの変形や共振周波数をシミュレーションできるようにした。提出された設計に基づいて製作された静電アクチュエータがシミュレーション通りに駆動することを体感してもらっている。
Abstract:
In the lecture "Microrobots" of the Department of Mechano-Informatics, the University of Tokyo, we give in an assignment about the design of comb electrostatic actuators to understand MEMS devices. In designing, students can simulate the deformation and resonance frequency by using COMSOL Multiphysics. Students understand that the fabricated devices are driven according to the simulations.
このページのトップへ

ホール N2 (Hall N2)

Oral Session [N2-1] 13:10-13:40

氏名: 水山 洋右 氏
所属: 米国・COMSOL, Inc. 主席エンジニア
Name: Yosuke Mizuyama
Title: Principal Engineer
Affiliation: COMSOL, Inc.
講演タイトル:
[COMSOL社技術講演]
COMSOL Multiphysics®光学モジュール紹介
概要:
COMSOL Multiphysics®の光学関連モジュールの紹介を、新バージョン5.3aの紹介も含めて行います。モデル作成のデモをお見せしながら、支配方程式、境界条件などの理論説明と、典型的なアプリケーションをご紹介します。
このページのトップへ

Oral Session [N2-2] 13:50-14:20

氏名: 志村 重輔 様
所属: 株式会社村田製作所 技術・事業開発本部 デバイスセンター バッテリ開発部 シニアマテリアルエンジニア
Name: Jusuke Shimura
Title: Senior Material Engineer
Affiliation: Battry Develop Department, Device Center, Technology & Business Development Unit, Murata Manufacturing Co., Ltd.
講演タイトル:
金属リチウム電極への充電制御
Session Title:
Charge Control for Lithium Metal Electrode
概要:
金属リチウムはエネルギー密度が高いが、デンドライトによる短絡が問題となる。我々は、周期的に逆電流を流すパルスめっきの手法を用いてデンドライトを抑えられないか検討した。まず、両極とも金属リチウムのセルを作製し、通電してデンドライトを発生させた。そして、観察されたデンドライトの寸法を参考にし、COMSOL Multiphysicsにより、リチウムがデンドライト部分よりも電極の平坦部分に多く析出するパルス条件を探索した。有限要素法で最適とされたパルス条件で通電を行い、短絡に至るまでに時間を検証した。
Abstract:
Li metal is difficult to use as an electrode because its dendrite causes short circuits although it has high energy density. Here, we investigated if the formation of the dendrite can be suppressed by the approach of pulse plating method which periodically applies a reverse current. First, we fabricated a Li/electrolyte/Li cell and flew current to obtain dendrites. Then, with reference to the size of the observed dendrite, we searched the most suitable pulse pattern which deposits the Li on the flat part of the electrode more than on the dendrite part by using COMSOL Multiphysics. Finally, we verified the pulse pattern by using the actual cell.
このページのトップへ

Oral Session [N2-3] 14:30-15:00

氏名: 狩野 恒一 様
所属:株式会社コベルコ科研 機械プロセスソリューション事業部 研究員
Name: Koichi Kano
Title: Engineer
Affiliation: Mechanical and Chemical Process Engineering Division, Kobelco Research Institute, inc.
講演タイトル:
実測データからのモデル同定のための機械学習手法のCOMSOLへの応用
Session Title:
Application of machine learning method to COMSOL for model identification from experimental data
概要:
近年、機械学習および人工知能技術が急速に発達しているなかでCAEや分子動力学に代表される計算科学分野への応用が盛んに試みられている。我々のチームにおいても現実の諸問題の解決のためにこれらの手法を利用する取り組みを行っている。本発表では実例を通して、MATLABを用いた機械学習とCOMSOLの連携を紹介する。実例としては熱伝導の逆問題、複雑な依存性を持つ実測値の解析モデル化を取り上げる。
Abstract:
Today, the technology of machine learning or AI make rapid progress. And, these technologies are applied to computational science typified by CAE or MD. Using these technologies, we have studied modeling actual problems. In this presentation, we introduce COMSOL cooperation with the machine learning by MATLAB Live Link through the Illustration. There are inverse problems of heat transfer and the reflection of experimental data including complex dependency.
このページのトップへ

Oral Session [N2-4] 15:40-16:10

氏名: 竹内 希 先生
所属: 東京工業大学 工学院 電気電子系 特定准教授
Name: Nozomi Takeuchi
Title: Visiting Associate Professor
Affiliation: Department of Electrical and Electronic Engineering, Tokyo Institute of Technology
講演タイトル:
コロナ放電によるイオン風の発生
Session Title:
Generation of Ionic Wind by a Corona Discharge
概要:
コロナ放電により,イオン風と呼ばれる気体の流れが発生することが知られている。イオン風は,電界により加速されたイオンが中性粒子に衝突し,運動量移行を行うことで発生する。イオン風のシミュレーションは,イオンに働くクーロン力をナビエ−ストークス方程式の外力項に与えることで可能である。本発表では,イオン風のガスポンプへの応用の計算例と,水面上でコロナ放電を形成した際に,イオン風により液体中に発生する流れの計算例を紹介する。
Abstract:
Corona discharge induces a gas flow called ionic wind, which is resulted from momentum transfer between ions accelerated by an electric field and neutral molecules. Ionic wind can be simulated by solving the Navier-Stokes equation with Coulomb force in the external force term. The simulations of a gas pump using ionic wind and liquid flow induced by a corona discharge generated over a water surface will be introduced.
このページのトップへ
-->

Oral Session [N2-5] 16:20-16:50

氏名: 中田 陽介 先生
所属: 東京大学 先端科学技術研究センター 特任助教
Name: Yosuke Nakata
Title: Project Research Associate Professor
Affiliation: Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo
講演タイトル:
RFモジュールにおける固有周波数と周波数領域解析:テラヘルツメタマテリアルへの応用
Session Title:
Eigenfrequency and frequency-domain studies in RF module: application to terahertz metamaterials
概要:
RFモジュールにおいて,「固有周波数」と「周波数領域」は非常に基本的なスタディである.しかしながら,これらの解析法の関係性は数学・物理に慣れていない人にとってはわかりにくいものとなっている(と思う).本講演では非専門家向きにこれらの計算の関係を解説する.次に,人工構造体の複合として構成されるメタマテリアルの設計にこれらのスタディがどのように活用されているかについて,我々のテラヘルツ領域での研究例をもとに概観する.
Abstract:
In RF module, “Eigenfrequency” and “Frequeny domain” are very fundamental studies. However, these concepts may be difficult for those unfamiliar with mathematics and physics. In this talk, I will explain the relation between them for non-experts. Next, based on our researches in the terahertz frequency range, I will review how these studies are utilized to design metamaterials, which are composed of artificial structures.
このページのトップへ

ホール N3 (Hall N3)

Oral Session [N3-1] 13:10-13:40

氏名: 笹田 一郎 様
所属: 笹田磁気計測研究所株式会社 代表取締役・九州大学 名誉教授
Name: Ichiro Sasada
Title: President
Affiliation: Sasada magnetics & sensors laboratory
講演タイトル:
磁気装荷によるバスバーの交流損失低減と粉体コアの透磁率推定
Session Title:
Alternating current loss reduction method for a thin rectangular bus bar by capping its edges with low permeability magnetic covers, and the numerical method to estimate the permeability of magnetic powder composites
概要:
扁平なバスバーにkHz帯の交流を通電すると表皮効果により電流集中が起きて損失が増大する。これをエッジに粉体磁性体からなる低透磁率キャップを装荷し電流集中を抑制する方法とその最適化をcomsolで実施した結果を示し、球体あるいは回転楕円体を仮定した粉体磁性集合体の透磁率をcomsolで数値計算する方法を示す。
Abstract:
A new method is presented by which ac current losses in a thin bus bar are reduced. Edges of the bus bar are covered with low permeability magnetic caps which can be produced with magnetic powder composites. Also shown is a numerical method to estimate the permeability of magnetic powder composite cores.
このページのトップへ

Oral Session [N3-2] 13:50-14:20

氏名: 石飛 宏和 先生
所属: 群馬大学 大学院理工学府 環境創生部門 助教
Name: Hirokazu Ishitobi
Title: Assistant professor
Affiliation: Department of Environmental Engineering Science, Gunma University
講演タイトル:
学生実験における実験とシミュレーションの併用による熱伝導の理解促進
Session Title:
Effective education on heat conduction by combination of experiment and simulation in the class of engineering laboratory
概要:
群馬大学理工学部 環境創生理工学科では,講義の「移動現象論」に対応した学生実験テーマを用意している.移動現象は学生にとって体感しづらい学問のため,移動現象のうち「熱伝導」について実験とCOMSOLによるシミュレーションを併用することにより,教育効果の向上を狙っている.実際の学生-教員のディスカッション結果や提出されたレポートの内容を示しつつ,群馬大学での取り組みを紹介する.
Abstract:
Department of Environmental Engineering Science, Gunma University prepared a laboratory-class related to the transport phenomena. It is not easy to understand well transport phenomena for students because the phenomena is not visible in general case. We prepare the laboratory-class, which is combined an experiment and a simulation. The results of discussions and reports from students will be presented and we will introduce an effect of this effort.
このページのトップへ

Oral Session [N3-3] 14:30-15:00

氏名: 高野 直樹 先生
所属: 慶應義塾大学 機械工学科 教授
Name: Naoki Takano
Title: Professor
Affiliation: Department of Mechanical Engineering, Keio University
講演タイトル:
COMSOL Multiphysics & Application Builder を用いた計算力学の研究と教育
Session Title:
Research and education of computational mechanics using COMSOL Multiphysics & Application Builder
概要:
COMSOL Multiphysics は流体-構造などの連成問題の解析に適しており、広い応用が考えられる。研究においては、繊維強化プラスチック複合材料の成形プロセスにおける樹脂流動と繊維束変形の連成解析事例を紹介する。また、学部教育として、理工学部機械工学科3 年生向け科目「コンピュータシミュレーションの応用」で昨年度実施した流体構造連成解析の事例を紹介する。Application Builder を用いることで、ソフトウェアの使い方を学ぶ必要がなく、物理現象の観察に集中した演習を実施することができたので報告する。
Abstract:
COMSOL Multiphysics is suited for the analysis of fluid-solid interaction (FSI) problems and so on. First, a coupled problem of the resin flow and yarn deformation of fiber reinforced plastics composites during the molding process is shown. Next, a simple FSI analysis in an undergraduate course on Computer Simulation of last year is presented. With the help of Application Builder, students could focus on the observation of simulation results and understanding the phenomena.
このページのトップへ

Oral Session [N3-4] 15:40-16:10

氏名: 宇野 隼平 様
所属: みずほ情報総研株式会社 サイエンスソリューション部 コンサルタント
Name: Shumpei Uno , et al.
共著者:佐久間優様(みずほ情報総研株式会社)、宮本裕平様(みずほ情報総研株式会社)、小坂部和也様(みずほ情報総研株式会社)
Title: Consultant
Affiliation: Science Solutions Division, Mizuho Information & Research Institute, Inc.
講演タイトル:
放射性廃棄物の地層処分に向けた熱-水連成解析
Session Title:
Thermo-Hydro coupling analysis for radioactive waste disposal
概要:
放射性廃棄物周辺の地下水の流れの挙動の把握には、廃棄物から発生する熱による水の流動への影響を考慮する必要がある。本講演では、廃棄物から発生する熱が地中の水理現象に与える影響について、COMSOL Multiphysicsを用いた熱-水の連成解析を実施し、実験との比較を行った事例について紹介する。
Abstract:
In order to understand the behavior of underground water flow near the radioactive waste, it is necessary to consider the effect by heat from radioactive waste. Regarding the effect of heat from waste on the hydraulic phenomenon, we report on examples of the Thermo-Hydro coupling analysis results using COMSOL Multiphysics and the comparison between the analysis results and experiment.
このページのトップへ

Oral Session [N3-5] 16:20-16:50

氏名: 椿 俊太郎 先生
共著者:羽石直人様(東京工業大学)、藤井知先生(沖縄高専・東京工業大学)、鈴木榮一先生(東京工業大学)、和田雄二先生(東京工業大学)
所属: 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 助教
Name: Shuntaro Tsubaki , et al.
Title: Assistant Professor
Affiliation: School of Materials and Chemical Technology, Tokyo Institute of Technology
講演タイトル:
有限要素法を用いた固定床流通系触媒反応におけるマイクロ波照射効果の解析
Session Title:
Analysis of microwave irradiation effects on fixed bed flow reaction by the finite element method
概要:
マイクロ波照射下において種々の化学反応が促進する例が多数報告されている。マイクロ波加熱を用いることによって、反応系中にいわゆる”ホットスポット”と呼ばれる局所的な高温場が形成され、反応促進に寄与する可能性が示唆されている。本発表においては、固定床流通系反応において触媒層充填層内に生じる局所的な電場集中と、その結果現れる局所的な高温反応場について、有限要素法を用いて解析した事例について紹介する。
Abstract:
Microwave irradiation enhances various chemical reactions. Microwaves often generates local high temperature, so called “hot spot”, in a reaction system to enhance chemical reactions. In this paper, we will demonstrate generation of local hot spot due to focused microwave electric field in a packed bed by application of the finite element method.
このページのトップへ
※都合により発表者、発表内容、発表順が変更となる場合があります。
※敬称に先生と記載の皆様は、教育機関の教員および医療機関の医師の方です。