ポスター発表のご案内

概要・日程・会場 講演・発表方法 聴講参加 発表資料配付案内 問い合わせ English
基調講演 COMSOL社講演 口述講演 ポスター発表 機器展示 タイムテーブル
聴講参加者用Web登録フォーム
2017年のカンファレンスは終了いたしました。
皆様のご発表とご来場、誠にありがとうございました!
《 このページは2017年の開催記録として保存いたします 》

ポスター発表一覧

本年のCOMSOL Conference Tokyo 2017のポスター発表は、下記の皆様が発表されます。
15:00-15:40のポスター発表コアタイムでは、発表者の皆様が待機いたします。

【質疑応答は英語】と記載の方との質疑応答は英語でお願いします。
(ポスターのタイトルをクリックするとタイトルとアブストラクトが表示されます)
 2017年12月8日(金)
11:00-16:20

《コアタイム》
15:00-15:40
[P-01] ABDENNOUR EMNA 様 (National Institute of Agronomy Tunisia) 他2名
 Groundwater flow and data completion on a part of the aquifer boundary in Lebna watershed- Tunisia 【質疑応答は英語】
[P-02] 酒井 康徳 先生 (東京工業大学 研究員) 他1名
 剛性・減衰を設計可能な金属-樹脂複合構造体ダンパの開発
[P-03] 古川 達也 先生 (佐賀大学 教授) 他2名
 COMSOL Multiphysicsを援用した柱上開閉器内蔵電力センサの設計と実装
[P-04] 村松 良樹 先生 (東京農業大学 教授) 他4名
 COMSOL Multiphysicsの食品物性逆解析手法への適用 −第3報−
[P-05] 荒川 祐輝 様 (首都大学東京) 他4名
 誘導加熱された微小磁性球周りの水における自然対流の分析
[P-06] 橋口 真宜 (計測エンジニアリングシステム株式会社) 他1名
 超短パルス電圧による電解加工の有限要素解析
[P-07] 大内 海輝 様 (日本大学) 他3名
 超音波定在波における粒子挙動制御
[P-08] 金子 雅典 様 (早稲田大学) 他4名
 磁場解析およびDEMによる磁選機内部の粒子挙動解析
[P-09] 鈴木 悠午 様 (首都大学東京) 他2名
 マイクロ生化学分析反応場における生体分子輸送のシミュレーション解析
[P-10] 太田 槙吾 様 (東京理科大学) 他3名
 数値解析を用いた電磁誘起流の体積力算出法の評価
[P-11] 檜垣 知加 様 (東京理科大学) 他3名
 結合反応促進のための流動制御手法の検討
[P-12] 玉置 亮 先生 (東京大学 助教) 他2名
 集光型太陽光発電(CPV)モジュールの光線光学設計
[P-13] 磯崎 瑛宏 先生 (東京大学 特任研究員)
 薄膜基板上のテラヘルツMEMSメタマテリアル
[P-14] 三井 敏之 先生 (青山学院大学 教授) 他7名
 ナノポアを通過するDNAの泳動と人工皮膚上の羽発生の観測について
[P-15] 舩門 佑一 様 (東京大学) 他5名
 SiC-CVDプロセスのマルチスケールでのモデル化とシミュレーション
[P-16] 笹田 一郎 先生 (九州大学 教授) 他1名
 The Role of Bx Magnetic Field in Reducing By Gradient in Separate Shell Magnetic Shield
[P-17] ARMANDO ROJAS MORIN 先生 (UNIVERSIDAD NACIONAL AUTONOMA DE MEXICO) 他5名
 Exergy analysis for a micro solar receiver 【質疑応答は英語】
[P-18] 福川 真 (計測エンジニアリングシステム株式会社) 他1名
 往復運動パドルにより誘発される電気めっきでの物質流れの影響
[P-19] 金本 真輝 様 (慶應義塾大学) 他2名
 銀焼結材を用いたSiCパワーデバイス放熱構造の熱サイクル試験における熱応力解析
[P-20] 前蔵 遼 様 (沖縄工業高等専門学校) 他4名
 高温還元プロセスにおけるシミュレーション

ポスター発表詳細 (Poster Session)

Poster Session [P-01]

氏名: ABDENNOUR EMNA 様
所属: National Institute of Agronomy Tunisia 研究員
共著者:Amira Ziadi様(Univ. Carthage, National Institute of Agronomy, Tunisia)、Nejla Hariga-Tlatli様(Univ. Carthage, National Institute of Agronomy, Tunisia/Univ. El Manar)
Name: ABDENNOUR EMNA , et al.
Title: Resercher
Affiliation: Univ. Carthage, National Institute of Agronomy, Tunisia
Poster Title:
Groundwater flow and data completion on a part of the aquifer boundary in Lebna watershed- Tunisia
【質疑応答は英語】
Abstract:
We study the groundwater flow on the Lebna catchment area situated on the north-east of Tunisia and calibrate a numerical model from data measurements. Then we consider the inverse problem of data completion, in which the unknowns are head piezometrics and hydraulic flow along the Lebna river, whereas overspecified boundary conditions are available on another part of the domain boundary. In the general context of aquifer modeling the data completion problem is very helpful to understand the boundary conditions, which are determined in the resolution. This kind of problem has been studied by authors and others in an academic framework but to our knowledge it is the first work with a real case of aquifer.
このページのトップへ

Poster Session [P-02]

氏名: 酒井 康徳 先生
所属: 東京工業大学 工学院 機械系 田中智久研究室 研究員
共著者:田中智久先生(東京工業大学)
Name: Yasunori SAKAI , et al.
Title: Researcher
Affiliation: Department of Mechanical Engineering, School of Engineering, Tokyo Institute of Technology
ポスタータイトル:
剛性・減衰を設計可能な金属-樹脂複合構造体ダンパの開発
Poster Title:
Development of Passive Damper with An-isotropic Composite Structure (P-DACS)
概要:
パッシブダンパは,様々な機械システムの振動抑制に利用される電源を必要としない制振装置(機構)である.本研究では,従来は組み込むことができなかった微小狭隘部や強度部材に一体成型で組み込むことが可能な「構造体ダンパ」を,COMSOL Multiphysics及び構造力学モジュールを用いた動解析を駆使して開発した.その結果.高剛性な金属構造体と,高減衰な高分子材料を用いて複合構造体を形成することで,剛性を高いレベルで維持したまま減衰を高めることができ,また,金属構造体の剛性に異方性を持たせてダンパの振動状態を制御することで,高分子材料による減衰効果を効果的に得ることが可能であることを示した.
Abstract:
Passive dampers are one of vibration damping device for various mechanical systems such as machine tools, and are operate without electric power. This study developed the passive ”structure damper” which able to build into the small narrow portion and also applied for the part exposed to high stress. This novel damper is composed of metal structure with anisotropic stiffness characteristics and high damping polymer materials, and is named as P-DACS (Passive-Damper with Anisotropic Composite Structure). The dynamic analysis is conducted using COMSOL Multiphysics and Structural mechanics module. As the results, the damper is able to tune the stiffness and damping characteristics to conform with the dynamic characteristics of vibration insulation target by controlling the vibration mode of the damper.
このページのトップへ

Poster Session [P-03]

氏名: 古川 達也 先生
所属: 佐賀大学 理工学部電気電子工学科 計算機応用工学研究室 教授
共著者:吉田大貴様(佐賀大学)、福本尚生先生(佐賀大学)
Name: Tatsuya Furukawa
Title: Professor
Affiliation: Department of Electrical and Electronic Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Saga University
ポスタータイトル:
COMSOL Multiphysicsを援用した柱上開閉器内蔵電力センサの設計と実装
Poster Title:
Design and Implementation of Power Status Sensor Built in Pole Switch Using COMSOL Multiphysics
概要:
福島原発事故以降、日本の多くの国民が原子力発電に代わって、再生エネルギーを求めている。しかし、再生可能エネルギー源による電力が従前の電力系統に接続されると、直交変換器によって生成された高調波ノイズが一般配電系に侵入し、電力機器に深刻な損傷を与える。そこで、著者らは、安定した電力供給を実現するために、一般配電系の柱上開閉器に内蔵される小型電力状態観測センサの設計と実装をCOMSOL Multiphysicsを用いて行った。
Abstract:
After Fukushima nuclear accident, many of the people demand regenerative energies on behalf of the nuclear power generation in Japan. However, once the electricity due to the renewable energy resources is connected to the convectional power networks, the harmonic noises generated by power conditioners will penetrate the consumer’s power delivery systems to give serious damages the power devices. Thus, the authors have designed and implemented the downsized power status sensor built in the power switch of power delivery system to realize the stable electric power delivery using COMSOL Multiphysics.
このページのトップへ

Poster Session [P-04]

氏名: 村松良樹 先生
所属: 東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 機械システム創成分野 農産加工流通工学研究室 教授
共著者:小泉友香様(東京農業大学)、坂口栄一郎先生(東京農業大学)、川上昭太郎先生(東京農業大学)、橋口真宣(計測エンジニアリングシステム株式会社)
Name: Yoshiki Muramatsu , et al.
Title: Prof. Dr.
Affiliation: Department of Bioproduction and Environment Engineering, Faculty of Regional Environment Science, Tokyo University of Agriculture
ポスタータイトル:
COMSOL Multiphysicsの食品物性逆解析手法への適用 −第3報−
Poster Title:
Inverse Analysis Method for Food Material Properties Using COMSOL Multiphysics -Part 3-
概要:
COMSOLMultiphysicsが逆解析手法へ適用された。最適化モジュールやLive Link with MATLABⓇを使い,パラメータ,例えば食品の熱伝導率,熱拡散率,比熱が決定された。
Abstract:
COMSOL MultiphysicsⓇ was applied to an inverse analysis method. The parameters such as a thermal conductivity, thermal diffusivity, specific heat of some food materials were determined using the optimization module and Live Link with MATLAB
このページのトップへ

Poster Session [P-05]

氏名: 荒川 祐輝 様
所属: 首都大学東京 大学院機械工学専攻 角田研究室
共著者:西島圭祐様(首都大学東京)、ハンバンクオン様(首都大学東京)、近藤克哉先生(鳥取大学)、角田直人先生(首都大学東京)
Name: Yuki Arakawa , et al.
Title: Student, Master degree
Affiliation: Department of Mechanical Engineering, Kakuta Lab, Tokyo Metropolitan University
ポスタータイトル:
誘導加熱された微小磁性球周りの水における自然対流の分析
Poster Title:
Analysis of natural convection of water around a small magnetic sphere under induction heating
概要:
液体内部の局所的な温度差によって発生する自然対流は,温度場のみならず濃度場や結晶構造の形成に影響を与える.しかし,微小発熱源周りの温度分布や自然対流の測定は従来技術では極めて困難であり,主に解析的なアプローチによって現象理解とその制御が試みられてきた.微小発熱源としては,例えば,外部磁場により誘導加熱される磁性粒子が挙げられ,近年,その有望な応用法のひとつとして医療分野における磁気ハイパーサーミアが注目されている.このような微小発熱源による自然対流の実験的な解明を目的として,我々は近赤外温度イメージング法を用いて3次元的な温度分布を測定し,その温度場の構造と熱輸送量の可視定量化に取り組んできた.近赤外温度イメージング法は,近赤外域における水の吸収バンドの温度依存性を利用した測定技術であり,吸光度画像にAbel逆変換を適用して3次元半径方向の吸収係数を求め,温度分布を推定することが可能である.
Abstract:
Since magnetic particles are remotely heated by an external alternating magnetic field, they have received a lot of interest to be used for local heating in various fields. In particular, one of the promising applications is magnetic hyperthermia in the medical field. In the case of local heating in vivo, an accurate measurement of temperature distributions is required to prevent the thermal damage of normal cells. Furthermore, the analysis of natural convection formed around magnetic particles has been required for prevention of cells by natural convection, but quantitative analysis has been considered difficult until now. We thus examined the possibility of further development of near-infrared (NIR) temperature imaging method as the previous study. As a previous study, the NIR temperature imaging method is measuring the temperature distribution of water around a magnetic material heated inductively. This measurement method is making use of the temperature dependence of the absorption band of water in the NIR region, and it is possible to estimate the temperature change from the change in absorbance of water. However, since this measurement method is assumed to be a concentric circle, it is not possible to measure an accurate temperature distribution when occurring natural convection that put concentric circles in disorder. In this study, the change of the temperature field formed by the natural convection around the sphere which was impossible to measure was hypothesized from the absorbance image obtained by the experiment. Furthermore, the utility of this construction method was verified by ! comparison with the results by COMSOL simulation.
このページのトップへ

Poster Session [P-06]

氏名: 橋口 真宜
所属: 計測エンジニアリングシステム株式会社 第1技術部 部長
共著者:米大海(計測エンジニアリングシステム株式会社)
Name: Masanori Hashiguchi , et al.
Title: General Manager
Affiliation: Engineer Division 1, Keisoku Engineering System Co., Ltd.
ポスタータイトル:
超短パルス電圧による電解加工の有限要素解析
Poster Title:
Finite-Element Analysis of Electrochemial Machining Using Ultrashort Voltage Pulse
概要:
電解加工は電圧印加時間を短くすることで加工精度を向上できる。 本論文はCOMSOL Multiphysicsを利用 して超短パルス電圧を印加したときの電極近傍の電位を解析する。
Abstract:
The machining accuracy of electrochemical machining (ECM) can be improved by using pulsed voltage with short duration time. In this paper, the electric potential induced by ultrashort voltage pulse is investigated with COMSOL Multiphysics.
このページのトップへ

Poster Session [P-07]

氏名: 大内 海輝 様
所属: 日本大学 理工学部 機械工学科 河府研究室
共著者:河府賢治先生(日本大学)、外口直規様(日本大学)、益子大地様(日本大学)
Name: Kaiki Ouchi , et al.
Title: Student
Affiliation: Kofu laboratory, Graduate School of Science and Technology, Nihon University
ポスタータイトル:
超音波定在波における粒子挙動制御
Poster Title:
Particle Behavior Control in Ultrasonic Standing Wave
概要:
現在、超音波定在波音場を用いた物体の非接触操作に関する研究が多くなされている。そこで著者らは、超音波定在を用いた空気中の粒子挙動を制御するための研究を進めている。超音波による粒子挙動の制御が可能となればフィルタでの捕集が困難な微小粒子の捕集や、DDSを始めとする医療分野への応用が期待される。しかしながら、実験にて得た粒子挙動は様々な条件によって変化するため、シュミレーションによる妥当性の検討は必須となる。本研究では初めに実験とCOMSOL Multiphysicsで解析した結果とを比較し、計算結果の妥当性を確認する。そして任意の条件における粒子挙動の変化を予測し、非接触でのハンドリングを実現させる。
Abstract:
Many researches on noncontact operation of an object using ultrasonic standing wave field are made now. Therefore, the authors are conducting research to control particle behavior in the air using ultrasonic standing. If it becomes possible to control particle behavior by ultrasound, it is expected to collect microparticles which are difficult to collect with a filter, and apply it to the medical field including DDS. However, since the particle behavior obtained in the experiment changes depending on various conditions, it is essential to consider the validity by simulation. In this research, we first compare the experiment with the result analyzed by COMSOL Multiphysics and confirm the validity of the calculation result. Then, change in particle behavior under arbitrary conditions is predicted, and handling without contact is realized.
このページのトップへ

Poster Session [P-08]

氏名: 金子 雅典 様
所属: 早稲田大学 創造理工学部 環境資源工学科 所研究室
共著者:所拓磨様(早稲田大学)、Giuseppe Granata先生(早稲田大学)、綱澤有輝様(産業技術総合研究所)、所千晴先生(早稲田大学)
Name: Masanori Kaneko , et al.
Title: Student
Affiliation: Kasado Design & Production Div, Department of Resources and Environmental Engineering, Waseda University
ポスタータイトル:
磁場解析およびDEMによる磁選機内部の粒子挙動解析
Poster Title:
Analysis of particle behavior in a magnetic separator by magnetic analysis and DEM simulation
概要:
磁選は、物質の磁化率の差を利用して物質を選別する技術である。磁選において、より高精度の選別を達成するためには、磁選機内部の磁束分布の解析、磁選過程の解明が不可欠である。本研究では、COMSOL Multiphysics AC/DCモジュールで解析した磁選機内部の磁場をもとに、粉体シミュレーション手法の一つである離散要素法(DEM)を用いて、磁選機内部の粒子挙動の解析を試みた。解析結果から、粒子の磁化率や磁場の強さによって、粒子挙動が変化し、磁着物として回収される量が変わることが定量的に示された。
Abstract:
The magnetic separation technology utilizes the different magnetic susceptibility of substances to separate them. In order to achieve high separation performances, the analysis of the magnetic force distribution and particle behavior are indispensable. In this study, the behavior of particles within the magnetic separator was analyzed by discrete element method (DEM) simulation and magnetic analysis by COMSOL Multiphysics AC / DC module. It was shown that the behavior of particles was affected by magnetic susceptibility and magnetic force distribution, and the amount of magnetic products could be analyzed quantitatively.
このページのトップへ

Poster Session [P-09]

氏名: 鈴木 悠午 様
所属: 首都大学東京 システムデザイン研究科 先端材料加工学研究室 楊研究室
共著者:清水徹英先生(首都大学東京)、楊明先生(首都大学東京)
Name: Yuma Suzuki , et al.
Title: Student
Affiliation: Graduate School of System Design, Tokyo Metropolitan University
ポスタータイトル:
マイクロ生化学分析反応場における生体分子輸送のシミュレーション解析
Poster Title:
Simulation of biomolecules transport in micro bio-analysis reaction field
概要:
本研究では,高感度・迅速なマイクロ生化学分析デバイスの開発を目指して,微小反応場における対流・拡散・表面相互作用を含む生体分子輸送をCOMSOL Multiphysicsの粒子トレーシングモジュールを用いてモデリングした.また,本モデルを用いたシミュレーション解析によって,マイクロ流路内の生体分子の濃度分布に対する流速やイオン強度といった物理パラメータの影響を検証することで高感度・迅速なマイクロ生化学デバイスの設計指針の構築を試みた.
Abstract:
In this study, the biomolecules transport in a micro reaction field was modeled for the development of the micro bio-analysis device with high sensitivity and rapid reaction using Particle Tracing Module in COMSOL Multiphysics. Furthermore, the effect of physics parameters such as fluid velocity and ion strength on the concentration distribution of biomolecules in micro channel was verified using the simulation of the biomolecules transport to construct the design guide of the micro bio-analysis device with high sensitivity and rapid reaction.
このページのトップへ

Poster Session [P-10]

氏名: 太田 槙吾 様
所属: 東京理科大学 工学部 機械工学科 元祐研究室
共著者:近藤雄太様(東京理科大学)、山本憲先生(東京理科大学)、元祐昌廣先生(東京理科大学)
Name: Shingo Ota , et al.
Title: Student
Affiliation: Motosuke lab., Mechanical engineering, Engineering department, Tokyo University of Science
ポスタータイトル:
数値解析を用いた電磁誘起流の体積力算出法の評価
Poster Title:
Evaluaiton of calculation methods for body force fields of electric-induced flow by numerical simulation
概要:
プラズマアクチュエータに代表される電磁誘起流の流動構造は複雑であり,この現象を理解するために,実験的に得られた流速場から体積力場を逆算する試みがなされている.本研究では,これまでに提案されている体積力場算出法の体系化を目的として,COMSOLを用いて計算した理想的な流速場をベースにして各手法の算出精度を評価した.また,実験的に得た流速場にみられる種々の誤差要因が体積力の算出に及ぼす影響を調査した.
Abstract:
In order to understand flow structures of electric-induced flow like plasma actuator, the body force field is calculated from the measured velocity field. In this study, we target to investigate the calculation methods of body force and evaluate their accuracies based on an ideal velocity field by COMSOL. We also research effects of several error factors in the velocity measurement on the body force calculation.
このページのトップへ

Poster Session [P-11]

氏名: 檜垣 知加 様
所属: 東京理科大学 工学部 機械工学科 元祐研究室
共著者:日野元貴様(東京理科大学)、山本憲先生(東京理科大学)、元祐昌廣先生(東京理科大学)
Name: Tomoka Higaki , et al.
Title: Student
Affiliation: Motosuke lab., Mechanical engineering, Engineering department, Tokyo University of Science
ポスタータイトル:
結合反応促進のための流動制御手法の検討
Poster Title:
Investigation of flow manipulation method for enhancement of binding reaction
概要:
感染症の早期診断には,高感度な検体検出デバイスが必要とされる.サンプル溶液中の検体のアッセイには,検出面上の結合基と検体との結合反応がキーとなるため,能動的に流動を制御して検出面へ検体を輸送することにより結合反応を促進させ,検出感度の向上が可能になると考えられる.本研究では,流動制御手法として電気的な流動現象であるelectrothermal流に着目し,マイクロスケールの流動構造および結合反応をCOMSOL Multiphysicsを用いて調査した.
Abstract:
Sensitive detection of analyte is required for diagnostics in the early stage. The sensitivity can be increase by an active flow modulation around the detection surface to enhance the binding reaction between ligands and analyte. In this study, we investigated the flow structures of electrothermal flow and their effects on the binging reaction rate by multiphysics analysis using COMSOL Multiphysics.
このページのトップへ

Poster Session [P-12]

氏名: 玉置 亮 先生
所属: 東京大学 先端科学技術研究センター 岡田研究室 助教
共著者:吉田勝尚先生(東京大学)、岡田至崇先生(東京大学)
Name: Ryo Tamaki , et al.
Title: Assistant Professor
Affiliation: Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo
ポスタータイトル:
集光型太陽光発電(CPV)モジュールの光線光学設計
Poster Title:
Ray Optics Simulation on Concentrator Photovoltaic (CPV) Module
概要:
集光型太陽光発電(CPV)は多接合型太陽電池に代表されるIII-V族化合物太陽電池の低コスト化と高効率モジュールを実現する手法として広く研究が行われている。CPVはレンズやミラーからなる結像光学系と、光強度を照射面で均一にするためのロッドレンズなどの照明光学系を組み合わせた構成となっている。このような複雑な系を設計する上ではシミュレーションによる検討が必須である。今回、COMSOLの光線光学モジュールを用いた幾何光学解析により、CPVモジュールの光学設計と性能評価を行った事例について発表する。
Abstract:
Concentrator photovoltaics (CPV) are widely studied to realize high-efficiency and low-cost III-V photovoltaic modules. CPV systems consist of imaging optics, such as lenses and mirrors, and non-imaging optics, such as rod lenses. Ray optics simulation is indispensable to obtain high efficiency CPV module. In this study, we have simulated several CPV modules by using COMSOL ray optics module. We will present optical configuration and performance on optimized CPV modules.
このページのトップへ

Poster Session [P-13]

氏名: 磯崎 瑛宏 先生
所属: 東京大学 大学院理学系研究科 特任研究員
Name: Akihiro Isozaki
Title: Researcher
Affiliation: School of Science, The University of Tokyo
ポスタータイトル:
薄膜基板上のテラヘルツMEMSメタマテリアル
Poster Title:
THz MEMS Metamaterial on Thin Substrate
概要:
近年、THz帯のアクティブ光学素子として、マイクロ構造の駆動部と光学応答部を組合わせたMEMSメタマテリアルが着目されている。MEMSメタマテリアルの設計には、駆動部と光学応答部の動作をそれぞれ計算する必要がある。今回、COMSOL Multiphysicsを用いて計算した結果を中心に、実験結果含めて報告する。
Abstract:
MEMS metamaterials are powerful tools for achieving active optical components in the THz range. A MEMS metamaterial consists of actuator parts and artificial designed optical components. For designing a MEMS metamaterial, it is required to perform mechanical simulation and optical simulation for designing the actuator parts and the optical components, respectively. In this conference, I report on about these simulation results by using COMSOL Multiphysics and experimental results.
このページのトップへ

Poster Session [P-14]

氏名: 三井 敏之 先生
所属: 青山学院大学 理工学部 物理・数理学科 教授
共著者:坂下直人様(青山学院大学)、港聖也様(青山学院大学)、久保田智也様(青山学院大学)、ロイド賢人様(青山学院大学)、小野泰暉様(青山学院大学)、上原貴宏様(青山学院大学)、石田研太郎先生(青山学院大学)
Name: Toshiyuki Mitsui , et al.
Title: Professor
Affiliation: Department of Physics and Mathematics, College of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University
ポスタータイトル:
ナノポアを通過するDNAの泳動と人工皮膚上の羽発生の観測について
Poster Title:
Experimental observations of DNA dynamics near nanopore and feather bud growth on artificial skins
概要:
ナノテクノロジーの最先技術であるDNAのナノポアセンシングについて、我々はDNAがナノポアに進入する様子を実験的に観測して、DNAとポアとの相互作用を調べているが、近年は、COMSOLによる数値解析により、事前に興味深いDNAの泳動を予測するパラメータを導き出して、それを実験的に検証している。今回はそのような手法で観測された興味深い泳動をいくつか紹介する。我々は人工的に再構成した皮膚(上皮・間葉細胞)を用いて、その皮膚上の羽の発生を実験的に、且つチューリングモデルを用いて数値解析的に行い、境界における因子の振る舞いの違いを探求している。その結果についても報告する。
Abstract:
We have directly observed DNA’s near a nanopore, which is used for single molecule detection by the DNA translocation, passing through the pore. The interaction between a DNA and a pore occasionally causes DNA clogging at the pore. We have also analyzed such interesting phenomena by using COMSOL numerical simulations. The simulation results often predict unique DNA motions by some sets of experimental parameters. We will present such DNA motions in this presentation. We have also studied feather bud formation on artificial skins. The numbers and orders of buds forming on the skins were strongly under the influence of these skin shape. By aid of the COMSOL, numerically simulating Turing models, the transports of the signalling molecules through the skin boundary edge were different between the molecules, depending on inhibiting or activating the bud formation.
このページのトップへ

Poster Session [P-15]

氏名: 舩門 佑一 様
所属: 東京大学 工学部 マテリアル工学専攻 霜垣・百瀬研究室
共著者:佐藤登様(東京大学)、嶋紘平様(東京大学)、中智明様(東京大学)、百瀬健先生(東京大学)、霜垣幸浩先生(東京大学)
Name: Yuichi Funato , et al.
Title: Student
Affiliation: Shimogaki/Momose laboratory, The university of Tokyo
ポスタータイトル:
SiC-CVDプロセスのマルチスケールでのモデル化とシミュレーション
Poster Title:
Multiscale modeling and simulation of SiC-CVD
概要:
化学気相堆積(CVD; Chemical Vapor Deposition)法は,化学反応を用いて気相原料から薄膜を作成するプロセスである. 本研究では,この手法による炭化ケイ素(SiC)の作製プロセスに関して,気相中での原料分解反応及び表面上での膜堆積反応を希釈種輸送モジュール及び層流モジュール,伝熱モジュールを用いてモデル化した. 微細な空間への製膜を予測する手法及び,その計算負荷低減に関しても報告する.
Abstract:
Chemical vapor deposition (CVD) is a methodology to synthesize thin film from gaseous precursor. This study focuses on CVD of Silicon Carbide (SiC). The gas-phase reaction and surface reaction were modelized by using “Laminar flow”, “Heat transfer”, and “Transport of dilute species” Modules. The method to predict the deposition within microstructure and the reduction of computational cost are also explained.
このページのトップへ

Poster Session [P-16]

氏名: 笹田 一郎 先生
所属: 九州大学 大学院 総合理工学府 量子プロセス理工学専攻 教授
共著者:A. Mahgoub様(Cairo University)
Name: Ichiro Sasada , et al.
Title: Professor
Affiliation: Department of Applied Science for Electronics and Materials, Kyushu University
Poster Title:
The Role of Bx Magnetic Field in Reducing By Gradient in Separate Shell Magnetic Shield
Abstract:
A new method employing x-axis (horizontal) compensation system is introduced to reduce the magnetic noise measured in y-axis (vertical) in a separate shell magnetic shield. Due to the construction of the separate shell magnetic shield the x-axis incident magnetic field is redistributed generating a y-axis components affecting the operation of the sensors used in MCG measurements. The new method utilizes an active compensation system in x-direction to reduce both the gradient of magnetic field in y-direction and time varying magnetic noise generated in y-axis due to x-axis magnetic fields. Finally, a practical implementation of the adopted active compensation scheme is presented in order to reduce the cross effect from x-axis magnetic fields on y-axis.
このページのトップへ

Poster Session [P-17]

氏名: ARMANDO ROJAS MORIN 先生
所属: メキシコ国立自治大学 (UNAM) TERMOFLUIDOS, FACULTAD DE INGENIERIA 教授
共著者:Y. Flores Salgado様(UNAM)、A.Barba Pingarron様(UNAM)、A.Jaramillo Mora様(UNAM)、O. Alvarez Brito様(UNAM)、H.R. Mejia Ramirez様(UNAM)
Name: ARMANDO ROJAS MORIN , et al.
Title: Professor
Affiliation: TERMOFLUIDOS, FACULTAD DE INGENIERIA, UNIVERSIDAD NACIONAL AUTONOMA DE MEXICO (UNAM)
Poster Title:
Exergy analysis for a micro solar receiver
【質疑応答は英語】
Abstract:
In this paper, we presented the exergy analysis for a micro solar receiver, coupled with the parabolic dish concentrator. The paper is structured as follows: In the first part we made an optical design using the Ray Optics Module for the coupled a conical and cylindrical geometries. With this result, we obtained the solar concentrating heat flux at the bottom surface of the solar receiver. In the second part, we made a transient heat transfer analysis to obtain the temperature field. And in the third part, we made the exergy analysis of the receiver.
このページのトップへ

Poster Session [P-18]

氏名: 福川 真
所属: 計測エンジニアリングシステム株式会社 第1技術部 主務
共著者:トン リチュ(計測エンジニアリングシステム株式会社)
Name: Makoto Fukukawa , et al.
Title: Supervisor
Affiliation: Engineering Division1, Keisoku Engineering System Co., Ltd.
ポスタータイトル:
往復運動パドルにより誘発される電気めっきでの物質流れの影響
Poster Title:
Effect of Mass Flow Induced by a Reciprocating Paddle on Electroplating
概要:
電気メッキセルにおいて往復運動パドルによって誘発される物質流れを、有限要素分析ソフトウェアCOMSOL Multiphysics®を用いて解析しました。 パドルの往復動きは、移動メッシュ法であるALE法をを用いてシミュレーションしました。 パドルでかき回される流体の流れの計算は、第三電流分布密度の計算とカップリングして計算しました。 往復頻度は、0、0.25、0.5、1および2Hzとして計算しました。 酸性硫酸銅電解質として50mMのCu2SO4と0.5MのNa2SO4を考慮しました。 その結果、パドルの往復動きによって効果的に陰極で銅イオンの濃度を増やすことができ、電流密度配布を改善することができることを示すことができました。
Abstract:
In this work, the mass flow induced by a reciprocating paddle in the electroplating cell is studied by the finite element analysis software-COMSOL Multiphysics®. The reciprocating movement of the paddle is simulated by using the moving mesh technique (Arbitrary Lagrangian- Eulerian: ALE method). The solution of fluid flows stirred by the paddle is coupled into the calculation of tertiary current distributions. The reciprocating frequencies are 0, 0.25, 0.5, 1 and 2 Hz. An acid copper sulfate electrolyte composed of 50 mM Cu2SO4 and 0.5 M Na2SO4 is taken into account. The results show that the reciprocating movement of the paddle can effectively increase the concentration of cupric ions at the cathode and improve the current density distribution.
このページのトップへ

Poster Session [P-19]

氏名: 金本 真輝 様
所属: 慶應義塾大学 大学院 理工学研究科総合デザイン工学専攻
共著者:青木正明先生、中野誠彦先生
Name: Masaki Kanemoto , et al.
Title: Student
Affiliation: School of Integrated Design Engineering, Faculty of Graduate School, Keio University
ポスタータイトル:
銀焼結材を用いたSiCパワーデバイス放熱構造の熱サイクル試験における熱応力解析
Poster Title:
Thermal Stress Analysis under Thermal Cycling Test for SiC Power Device Heat Dissipation Structures using Ag Sintered Layer
概要:
銀焼結材によって銅基板に直接接合したSiCパワーデバイス放熱構造の、熱サイクル試験(TCT)における3次元熱応力解析を行った。SiCチップを用いた構造の最大応力はSiチップを用いたときよりも大きく、また熱応力はいずれの構造においても銀焼結層の角の部分で最大となる。また、銀焼結層の中央ではフォン・ミーゼス応力と剪断応力の大きさはほぼ等しくなる一方で、角の部分では垂直応力がフォン・ミーゼス応力の主要成分となっている。
Abstract:
We have analyzed 3D thermal stress profile under TCT for SiC power device heat dissipation structures with a direct chip bonding on Cu plate by Ag sintered layer. The maximum stress value in SiC chip structure is higher than that in Si chip structure. The maximum stress point is at the corner of Ag sintered bonding layer for both SiC/Si structures. It was also found that at Ag sintered layer center von Mises stress and the shear stress are almost the same, and at Ag sintered layer corner the normal stress is major component of von Mises stress.
このページのトップへ

Poster Session [P-20]

氏名: 前蔵 遼 様
所属: 沖縄工業高等専門学校 情報通信システム工学科
共著者:藤井知先生(沖縄工業高等専門学校、東京工業大学)、椿俊太郎先生(東京工業大学)、鈴木栄一先生(東京工業大学)、和田雄二先生(東京工業大学)
Name: Ryo Maekura
Title: Student
Affiliation: Department of Information and Communication Systems Engineering, Okinawa College of National institute of Technology
ポスタータイトル:
高温還元プロセスにおけるシミュレーション
Poster Title:
Multi-physics simulation for smelting metal process under microwave
概要:
マイクロ波化学では、マイクロ波を照射することで、高速加熱、高効率加熱、高速熱応答、均一加熱、局所・選択加熱、非熱的効果などの現象が報告されている。これらの現象を利用することで、化学反応に必要なエネルギーを劇的に削減出出来ることが?出されており、素材産業におけるエネルギー消費の大幅な削減が期待されている。そこで、我々の研究グループの目的は、この現象のモデル化を行い、マイクロ波による加熱プロセスを汎用的な技術として完成させることである。これまで、マイクロ波による加熱現象について、新しい知見を発見してきた。その中で、シミュレーションの役割は大きい。しかし、実験室で実施する実験をシミュレーション上では、すべての物理を取り込めているわけでないことやミクロなところまで遡って計算が出来ているわけではないなどの課題がある。シミュレーションが正しく物理現象を示しているものと、出来ないものがある。後者は、計算手法により達成できていないものか、マイクロ波による反応促進のような新しい物理現象なのかを区別することが極めて重要であり、正確な実験データの取得や、シミュレーションで得られた解析結果を十分に比較しながら、検証を行うことが必要である。本報告では、幾つかのモデルについて解析した例を紹介し、今後のシミュレーションとしての課題について述べたい。
Abstract:
Chemical reactions performed under microwave irradiation often have high reaction rates and high selectivities, which enable reactor sizes to be compact and processes to be energy-conserving. A microwave oven is widely used for microwave chemical processing and chemical synthesis. Multi-physics simulation made by COMSOL was performed to obtain the the distribution of the electromagnetic (EM) field in the multi-mode applicator with the rotating stirrer fan of the microwave oven.
このページのトップへ
※都合により発表者、発表内容が変更となる場合があります。
※敬称に先生と記載の皆様は、教育機関の教員および医療機関の医師の方です。
【質疑応答は英語】と記載の方との質疑応答は英語でお願いします。