産業用ファンレス超小型車載用PC(耐振動)
DAQ-box

DAQ-boxは衝撃、振動試験等に用いるデータ収録を行う為に開発された、超小型データ収録装置です。
その内容はコンパクトなサイズに収められたPCとA/D変換部から構成されています。

マザーボードはPC/104サイズでCeleronMを使用しており、データ収録はPCMCIAカードまたは、PC/104バス用ADボードで行います。装置内の各部品は接続部に防振対策を施しており、運転中の車内でも安定したデータ収録を行えます。

PCの外部インタフェースはPCMCIAスロット以外に、VGA・RS-232C・PS/2・USB・LANといった汎用パソコンと同様の機能を備えていますので、車載用途だけではなく、実験室内でデータ収録装置として使用することも可能です。

DAQ-box(ダックボックス) 産業用小型車載PC

● PC/104マザーボードにより軽量・コンパクトなサイズを実現
    150(縦)×180(横)×70(高さ) mm
● サンプリングレート:最速100MS/s ( AD2100:CSC製 )
● 防振対策によりピーク加速度50Gまで対応
● PCMCIAスロット内臓
    市販データ収録カード使用可能
● 2.5インチHDD内蔵
    OS・アプリケーションをインストール可能
● VGA・RS-232・PS/2・USB・LANポート搭載
● タッチパネル・キーボード等を増設可能(オプション)
● オプション電源(AC/DC)にて実験室・研究室でも使用可能
● 仕様・用途によりカスタマイズ可能

DAQ-box(仕様サンプル)



CPU Intel Pentium M 1.8GHz(工業用ファンレスCPUの搭載も可能)
メモリ 最大1GB
VGA UXGA 1600x1200
シリアル RS-232/422/485 ×1、USB×3
Ethernet 10/100/1000BASE-T
HD 20GB(防振ドライブ搭載)標準
耐振動 5−20Hz、5G Peak to Peak、60−200Hz、30G Peak to Peak
ショック(動作中) 50Gピーク加速度(10ms間)
入力CH 8〜16、8または16CH毎増設可能
入力電源 DC12V又は24V、(入力範囲)DC9V〜18V / DC19〜29V

オプション(別費用)



CPU Celerom M、Pentium M、AMD LX800
メモリ増設 最大1GB
HD 20,30,40GB(IDE)、シリコンディスク
OSインストール WindowsCE、XP、NT、2000
モニター 10,4インチTFTタッチパネルモニター、6,4インチ小型TFTモニター
キーボード 小型フルファンクションキー(94mm×160mm×32mm)
電源仕様 バッテリー、AC/DC電源