Accelerating Computer Vision
Uncanny Vision Pvt Ltdについて

Uncanny Vision社は2012年にインド、バンガロール市に設立した、組込みシステム用のコンピュータビジョンに特化した企業す。中枢メンバーは最先端技術分野で25年以上の経験を有しています。
Uncanny Vision社のソフトウェアツールキットはコンピュータビジョンアルゴリズムの実行速度を飛躍的に向上させることができます。完成したプログラムは既存のソリューションと比べて約2倍から20倍の高速化を実現しております。
UncannyCVはARM Cortex-Aシリーズに最適化されたコンピュータビジョン・画像処理ライブラリであり、約70種類の代表的な画像処理アルゴリズムが含まれています。高速化を実現するためには、アルゴリズムの最適化、及びデータプリフェッチとARM NEON命令の多様化等の手法が採用されています。
UncannyDLはARM Cortex-Aシリーズ向けに最適化したDeep Learning画像認識ライブラリーであり、アルゴリズムの最適化、独自のデータ管理手法、そしてARM NEONに特徴的な命令を有効活用してパフォーマンスの向上を実現し、組込みプラットフォームでのDeep Learning画像認識を実現しています。

コンピュータビジョン/画像処理ライブラリ
UncannyCV

UncannyCVはARM processors Cortex-A series向けに最適化した コンピュータビジョン/画像処理ライブラリです。画像処理の際によく使われる多くの種類の関数が含まれています。アルゴリズムの最適化、データ・プレフェッチング、そしてARMR NEONに特徴的な命令を有効活用してパフォーマンスの向上を図り、OpenCVと比較して2倍から20倍のパフォーマンス向上を達成しております。
UncannyCVのページへ

高速Deep Learningライブラリ
UncannyDL

ARM Cortex-Aシリーズ向けに最適化したDeep Learning画像認識ライブラリーであり、アルゴリズムの最適化、独自のデータ管理手法、そしてARM NEONに特徴的な命令を有効活用してパフォーマンスの向上を実現し、組込みプラットフォームでのDeep Learning画像認識を実現しています。
UncannyDLのページへ

ページトップへ

リンク

株式会社BTG-Consulting    
Uncanny Vision Pvt Ltd