このページでは、IoT活用によるものづくりのための基礎セミナー
第3回(2017年4月19日(水)開催)のご案内と参加申込みを承ります。
***受付を締め切りました***

開催概要

インターネット利用のものづくり(IoT:Internet of Things)は、産業革命に例えられるように大きな希望と利益をもたらしてくれると期待されています。 本セミナーはCOMSOL Daysの技術セミナーとして、新時代を勝ち抜いていくために必要な基礎理論と、有限要素解析による実現方法を解説します。
基礎理論については電気通信大学 名誉教授 林茂雄先生に解説していただきます。
有限要素法のツールはCOMSOL Multiphysicsを利用します。
参加費無料ですので、皆様奮ってご参加ください。
ページトップへ

講師プロフィール

氏名:林 茂雄 (はやし しげお)
略歴: 1971年 東京大学理学部化学科卒業
1976年 東京大学大学院理系大学院化学専攻博士課程修了(理学博士)
1976年〜1979年 テキサス州立大学、コロンビア大学博士研究員
1979年 電気通信大学電気通信学部助手
1996年 電気通信大学電気通信学部教授
2010年 電気通信大学燃料電池イノベーション研究センター兼務
2014年 電気通信大学名誉教授、明星大学理工学部非常勤講師
現在: 電気通信大学 名誉教授
氏名:橋口 真宜 (はしぐち まさのり)
現在: 弊社第一技術部 部長
氏名:米 大海 (み だはい)
現在: 弊社第一技術部 課長
ページトップへ

開催日程

名称:IoT活用によるものづくりのための基礎セミナー
***受付を締め切りました***
  開催日: 第1回:2016年11月16日(水) [ 終了しました ]
第2回:2017年2月8日(水) [ 終了しました ]
第3回:2017年4月19日(水) [ 受け付け終了しました ]
第4回:2017年5月予定 近日募集予定
 時間: 13:00-16:50 (受付開始12:30)
 会場: 電気通信大学 創立80周年記念会館「リサージュ」 3階 (京王線・調布駅下車、中央口から徒歩5分)
アクセスとキャンパスマップはココをクリック
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
 定員: 20名 (満席になりましたら締め切ります)
 参加費: 無料
ページトップへ

タイムテーブル

  12:30-13:00 受付
  13:00-13:10 【ご挨拶】(KESCO)
IoT、インダストリー4.0、サーバフィジカルシステムの考えの中のCOMSOLの位置付け
  13:10-14:20 【コンピュータシミュレーション入門】(林 茂雄先生)
〜偏微分方程式(PDE)とパラメータ推定・随伴・変量〜
・前回セミナーのおさらい
  −シミュレーションの意味と意義
  −多様なコンピュータ・シミュレーション
  −コンピュータ・シミュレーションを生かすために

  −モデルについて
    決定論的モデル、確率論的モデル
  −IoT用センサーのベストな設置場所をコンピュータ・シミュレーションで求める
  −帯水層の水圧分布を生ずるような区分的透水率による推定
  −非線形最適化で決定

・本日の話題
  −変数とパラメータ
  −変量へのパラダイムシフト
  −分散・共分散・相関係数

  −相関係数の例
  −フィッティングの「平均誤差」
  −PDEで記述できるモデル
    (線形2変数)(移流・拡散)(簡単な例)(パラメータ依存性)(Adjointの活用)
  −比例関係
    (y=ax)(ベクトルの線形関係)(帯水層問題:定常状態、時間依存、不均一な透水率)

  −COMSOL Multiphysicsの出番
   関数形と境界条件をメニューから指定してPDEの解が得られる
  14:20-15:00 【パラメータ推定問題へのCOMSOLの活用】(米 大海)
  15:00-15:10 休憩
  15:10-16:10 【逆問題の理解へのCOMSOL】(橋口 真宣)
  16:10-16:30 質疑応答およびフリーディスカッション
  16:30-16:50 談話会(ご希望者のみ)


本セミナーのお問い合わせ先

お問い合わせは、弊社お問い合せページ、または Tel:03-5282-7040 (平日9:30-17:30)へお願いします。
本セミナーのご案内チラシ:[ ここをクリックしてダウンロード ]

ページトップへ
***受付を締め切りました***