定期セミナー情報(東京・専門分野コース)

開催概要

コース名 概要
専門分野 例題説明を中心とした実習と座学。
各専門分野別モジュールの理論概要、解析概要、利用上のポイントについて習得可能。
●所要時間:3時間
●定員:8名

分野別講義概要ご紹介 電磁気・光学系 機械・構造系 流体系 化学系 汎用・その他
開催月 2017年
1月
2017年
2月
2017年
3月
2017年
4月
2017年
5月
2017年
6月
2017年
7月
2017年
8月
2017年
9月
2017年
10月
2017年
11月
2017年
12月

コース選択ページへ 申し込みする

***専門分野コースの受講は、国内のサブスクリプション契約済みのユーザーに限定します***

・本セミナーは、64ビット版Windows OSのPCを1名につき1台使用して、実習と座学で行います。ノートPCのお持ち込みの必要はございません。
・諸準備の都合上、開催の3営業日前までにお申し込みください。
・各コースとも、当日は開始15分前より受け付けします。
・日程、内容は予告無く変更される場合があります。
・使用言語は原則として日本語ですが、講師によっては簡単な英語での講義になる場合があります。(日程に【英語】と付記します)
・同業者の方はご遠慮下さい。

【お申し込み前にお読みください】
・弊社より受講可能の返信メールが届いた段階で受講受付完了となります。
・もしもお申し込みを送信後、2営業日経っても返信メールが届かない場合は、お手数でも弊社セミナー担当までご連絡ください。
(連絡先 TEL:03-5282-7040、平日9:30-17:30)
・いずれの日程も、お申し込みは先着順にて受け付けます。定員に達し次第、満席締切となりますので、その場合はご容赦ください。
・各コースにてお申し込み人数が3名に満たない場合は、勝手ながら開催を中止させていただきますので予めご了承下さい。その場合、2営業日前に開催中止のご連絡をメールにて差し上げます。
・講師の都合にて、開催中止や日程変更となる場合があります点を予めご了承ください。その場合も2営業日前に開催中止または日程変更のご連絡をメールにて差し上げます。


コース選択ページへ 申し込みする

分野別講義概要ご紹介 電磁気・光学系 機械・構造系 流体系 化学系 汎用・その他
開催月 2017年
1月
2017年
2月
2017年
3月
2017年
4月
2017年
5月
2017年
6月
2017年
7月
2017年
8月
2017年
9月
2017年
10月
2017年
11月
2017年
12月

プログラム:

 電磁気・光学系

「AC/DCモデリング-1」(講師:橋口 真宜)

電磁波の波長に比べて物体長が10分の1以下の大きさであれば、準定常近似が成立します。AC/DCモジュールはマックスウェル方程式の準定常近似による基礎方程式に基づいて電磁場の解析を行います。電気的な抵抗成分、容量成分、あるいは誘導成分のある系に生じる電位、電流、磁場を解析する方法を解説します。定常、時間依存、周波数領域での計算方法を習得できます。温度や構造力学との連成をめざす方の基礎を構築するのに適しています。

「AC/DCモデリング-2 (電気回路他との連成)」(講師:橋口 真宜)

AC/DCを他のフィジックスと連成する場合、電気回路との連成が必要になります。温度や構造変形と連成する場合も生じます。ここでは、AC/DCモジュールを電気回路、伝熱、構造と連成させる方法について解説します。移動メッシュの利用法についても解説します。

「RFモデリング-1 (マイクロ波)」(講師:橋口 真宜)

RFモジュールを使ってGHz程度の周波数域における電磁波解析を行う方法を解説します。導波路、マイクロストリップ、共振器といった高周波分野での共通的な課題の固有周波数解析、周波数領域解析を習得できます。

「RFモデリング-2 (テラヘルツ)」(講師:橋口 真宜)

RFモジュールはテラヘルツの周波数領域の解析も可能です。ナノ粒子やメタマテリアルの周波数領域解析を習得できます。波長に比べて解析系が大きい場合にRFモジュールでは計算規模が大きくなってしまいますが波動光学モジュールを使うことで計算規模を抑えることができます。ここでは波動光学モジュールの取り扱いについても簡単に触れます。

「MEMSモデリング-1 (センサー)」(講師:米 大海)

本セミナーでは、MEMSセンサーを対象として、容量型圧力センサー、圧電抵抗 型圧力センサー、圧電ジャイロスコープ、圧電バルブ、バルク弾性波共振器など の理論の解説、例題によるGUI設定の説明を行います。

「MEMSモデリング-2 (アクチュエータ)」(講師:米 大海)

本セミナーでは、MEMSアクチュエータを対象として、静電型片持ち梁、平行平 板コンデンサ型アクチュエータの振動モードやバイアス電圧の影響、MEMS共振 器、熱弾性減衰、圧電アクチュエータ、圧電体発電などの理論の解説、例題によ るGUI設定の説明を行います。

「プラズマモデリング」(講師講師:トン リチュ)

COMSOL Multiphysicsのプラズマモジュールは、工学の幅広い分野において現れる非平衡放電の解析のための環境を提供します。ここでは、プラズマ物理学の理論とモデリング、およびその計算例について説明します。COMSOL Multiphysicsのプラズマモジュールの知識全般を習得できる内容となっています。

プラズマモデリング-1(ICP、CCP、マイクロ波プラズマ)

プラズマモデリング-2(大気圧プラズマ放電、大気圧コロナ放電、誘導体バリア放電)

「半導体モデリング」(講師:橋口 真宜)

半導体モジュールを利用すればドリフト-拡散モデルを基礎としてMOSFET、トランジスタ、ダイオードなどの電圧-電流特性、半導体内部の電位分布、電子や正孔の数密度分布を可視化できます。例題を解きながら、モデルの設定方法、各種入力方法(ドーピング、電極、材料特性他)、結果の処理方法、を習得できます。
コース選択ページへ 申し込みする
 機械・構造系

「線形構造モデリング」(講師:橋口 真宜)

Hookの法則に従う線形構造体が与えられたときの固有値および固有モードの解析、周波数領域あるいは時間領域での変形・振動解析を取りあげて、固体力学インターフェースの利用法を解説します。マルチボディダイナミクス解析や非線形材料による構造解析を目指す方にとっては基礎を構築することができます。

「非線形構造材料モデリング」(講師:橋口 真宜)

構造力学モジュール、MEMSモジュールと連成することで大変形塑性歪を含む非線形構造材料の取り扱い方法を解説します。弾塑性、粘塑性、クリープ、超弾性の各材料モデルの使い方、ユーザー定義の方法を習得できます。ジオメカニクスモジュールでの土壌モデル、塑性モデルにも触れます。

「疲労解析モデリング」(講師:橋口 真宜)

固体力学、シェル、板、マルチボディダイナミクス、熱応力、ジュール加熱、熱膨張、圧電デバイスの構造解析を行った場合、疲労モジュールを利用することで、その構造物の寿命を疲労解析の観点から予測できます。ここでは、高サイクル疲労の応力ベースの解析、低サイクル疲労の歪ベースの解析、累積疲労解析の3種類の疲労解析の取り扱い方法を解説します。

「マルチボディダイナミクスモデリング」(講師:橋口 真宜)

マルチボディダイナミクスモジュールを利用して剛体と変形体が各種ジョイントで連結された系の運動と変形・応力・歪を同時に解析する方法を習得します。

「音響モデリング」(講師:橋口 真宜)

音響モジュールの圧力音響インターフェースの利用方法を解説します。固有周波数解析、周波数領域あるいは時間領域での圧力場の解析法、圧電体との連成解析法を習得できます。非破壊検査や音響粒子搬送などの周辺についても触れます。

「ローターダイナミクスモデリング」(講師:橋口 真宜、米 大海)

Ver.5.2a update2からローターダイナミクスが追加されました。構造力学モジュールのアドオン製品です。これは回転機器の振動解析を目的としています。時間依存、定常、固有周波数、周波数領域の各解析ができます。本セミナでは、回転機器の振動理論、ローターのモデル化、流体膜軸受のモデル化ほかについて例題を交えて解説をします。Campbell, whirl, waterfall, 軌跡などの結果表示機能についても説明します。
コース選択ページへ 申し込みする
 流体系

「CFDモデリング-1 (層流、二相流、回転機械)」(講師:橋口 真宜)

CFDモジュールの層流インターフェースを使って、非圧縮性流れをどのように解析するかを説明します。
二相流をフェーズフィールド法で扱う方法も説明します。回転機械においてコリオリ力と遠心力を体積力で表現できる場合には効率的な計算が可能であり、その方法も説明します。 直径に比して管路長が非常に長い場合については一次元流れ解析が効率的であり、パイプ流れモジュールの使い方も説明します。

「CFDモデリング-2 (乱流)」(講師:橋口 真宜)

CFDモジュールの乱流インターフェースを使って、非圧縮乱流を取り扱う方法を解説します。 乱流モデルとしては低レイノルズ数型乱流モデルその他を取り上げます。直径に比して管路長が非常に長い場合については一次元流れ解析が効率的であり、乱流域でのパイプ流れモジュールの使い方も説明します。

「CFDモデリング-3 (圧縮性、非等温流)」(講師:橋口 真宜)

圧縮性がある流体場において、流れのマッハ数が0.3より小さい場合とそれより大きい場合について取扱いが異なります。マッハ数が0.3より小さな弱圧縮性流れの場合には衝撃波を扱う必要がありません。低マッハ数近似が使えます。遷音速流から超音速流においては衝撃波を考慮する必要があります。そこで、弱圧縮性流れと圧縮性流れの各インターフェースの使い方を解説します。一方で、水のもつわずかな圧縮性が水撃という現象を引き起こします。この問題をパイプ流れモジュールで取り扱う方法についても触れます。

「CFDモデリング-4 (分子流、多孔質流、地下水流ほか)」(講師:橋口 真宜)

マイクロ流路内の気体流れあるいは低密度の気体流れではKnudsen数が大きくなり、希薄気体効果を考慮する必要が生じ、支配方程式も連続流体に関するNavier-Stokes方程式を希薄流体に関するBoltzmann方程式やLattice-Boltzmann方程式に変更する必要が生じます。壁でも流体分子がすべりを起こすようになります。ここでは分子流モジュールのいくつかのインターフェースを使って希薄な気体の流れ解析を行う方法を解説します。多孔質流は一般の産業分野や地球環境分野において重要な流れです。ダルシー則はよく使われますが、燃料電池などでは多孔質物体と非多孔質流路が隣接しており、そのような場合にはブリンクマン方程式がダルシ―則よりも精度が良いことがわかっています。地下水流モジュールを使ってそのあたりの説明をします。

「伝熱モデリング-1」(講師:橋口 真宜)

本セミナーでは伝熱モジュールを利用した伝熱問題のモデリングについて解説します。
伝熱モデリング-1では、薄膜、薄層、熱接触層、多孔質伝熱、摩擦熱、輻射伝熱に関する例題を使って 実習を交えながら、理解を深めていただきます。

「伝熱モデリング-2」(講師:橋口 真宜)

本セミナーでは伝熱モジュールを利用した伝熱問題のモデリングについて解説します。
伝熱モデリング-2では、相変化、移動境界に関する例題を使って実習を交えながら、理解を深めていただきます。

「伝熱モデリング-3」(講師:橋口 真宜)

本セミナーでは伝熱モジュールを利用した伝熱問題のモデリングについて解説します。
伝熱モデリング-3では、熱源の種類に着目し、ジュール加熱、誘導加熱、マイクロ波加熱について、 例題を使って実習を交えながら、理解を深めていただきます。
コース選択ページへ 申し込みする
 化学系

「化学反応モデリング-1 (化学種輸送)」(講師:橋口 真宜)

化学反応工学モジュールの希釈種輸送、高濃度化学種輸送の各インターフェースの取り扱い方法を解説します。流体流れと温度場との連成についても解説します。化学反応流を取り扱う上での基礎を習得できます。

「化学反応モデリング-2 (反応工学)」(講師:橋口 真宜)

化学反応工学モジュールの反応工学インターフェースの取り扱い方法を解説します。反応工学インターフェースから、化学種輸送、流体流れ、温度場への連成を構築する方法についても解説します。

「化学工学モデリング」(講師:橋口 真宜、福川 真)

化学工学という広大な分野における化学プラントや化学システムへの適用を考えると、偏微分方程式によるモデリングのみでは、スケールアップ、環境負荷低減、最適化と制御といった重要項目に即応できないと言える。つまり、企画段階でのトータルバランス・トータルソリューションの検討を行うためのツールが化学分野においても必要である。
そこで、「化学工学モデリング」を専門分野に新設し、COMSOL Multiphysicsの代数方程式、常微分方程式の解法に重点をおいた技術説明を行うことにする。
本セミナでは PCを実際に操作しながら、蒸留塔モデル、気液平衡モデル、フィルターモデル他、化学工学分野で重要と思われる標準モデルに基づいた解析法を COMSOL Multiphysicsにどのように実装していくかについて紹介する。得られた結果を偏微分方程式系である希釈種輸送方程式とどのように結合するかといった点にも触れる。

「燃料電池モデリング」(講師:トン リチュ)

このセミナーは燃料電池における化学種の輸送、電荷の輸送、伝熱、流れ、また電極表面の反応によるアクティベーションおよび濃度分布による過電圧を解く方法を解説します。いくつかの例題を実際に示しながら解説を行います。

「リチウムイオン電池モデリング」(講師:トン リチュ)

このセミナーはCOMSOL Multiphysicsのリチウムイオン電池解析専用のインタフェースの取り扱い方法を解説します。リチウムイオン電池のインタフェースにおいて、活物質粒子輸送、電流密度計算、多孔質電極の表面反応などの設定および充放電カーブのシミュレーションを構築する方法の解説を行います。

「腐食解析・電気めっきモデリング」(講師:トン リチュ)

このセミナーは、腐食解析・電気めっき解析のコアである一次、二次及び三次の電流分 布を解く方法を解説し、電解質における化学種の輸送及び材料平衡と荷電平衡の計 算、電極表面の電荷輸送、ガス発生等複数の電気化学反応、または、めっきによって 析出する金属層の形状あるいは金属溶解による金属表面の大変形の計算方法も説明します。 いくつかの例題を実際に示しながら解説を行います。

「腐食解析モデリング」(講師:トン リチュ)

このセミナーは、腐食解析のコアである一次、二次及び三次の電流分布を解く方法を解説し、電解質における化学種の輸送及び材料平衡と荷電平衡の計算、電極表面の電荷輸送、ガス発生等複数の電気化学反応、または、金属溶解による金属表面の大変形の計算方法も説明します。 いくつかの例題を実際に示しながら解説を行います。

「電気めっきモデリング」(講師:トン リチュ)

このセミナーは、電気めっき解析のコアである一次、二次及び三次の電流分布を解く方法を解説し、電解質における化学種の輸送及び材料平衡と荷電平衡の計算、電極表面の電荷輸送、ガス発生等複数の電気化学反応、または、めっきによって 析出する金属層の形状の計算方法も説明します。 いくつかの例題を実際に示しながら解説を行います。

「電気化学モデリング」(講師:橋口 真宜)

燃料電池の電極表面の性質などを分析するには電気化学が有効です。電気化学は生体にも関係しており、非常に重要な分野です。ここでは電気化学モジュールを利用して、電気化学の共通項目であるサイクリックボルタンメトリ―、交流インピーダンス解析といった基礎事項が有限要素法に基づいてどのように取り扱われるかについて解説します。燃料電池、電気腐食、電気めっき、あるいはリチウムイオン電池といったより進んだ応用への基礎を構築できます。
コース選択ページへ 申し込みする
 汎用・その他

「最適化モデリング」(講師:橋口 真宜)

寸法最適化、形状最適化、トポロジー最適化、パラメタ推定を行いたい場合、最適化モジュールを利用することになります。COMSOL Multiphysicsの最適化モジュールは大別して勾配法と非勾配法の二種類を用意しています。本セミナでは目的関数、制御変数の考え方、各種最適化の設定方法を解説します。実験値との照合によるパラメタ推定において必要になる実験値の取り込み方法についても説明します。

「粒子追跡モデリング」(講師:橋口 真宜)

場の計算を固定メッシュで解析するオイラー法に比べて、粒子を追跡するラグランジュ法は粒子の動きを明瞭に追跡できるというメリットがあります。COMSOL Multiphysicsの粒子追跡モジュールには粒子-粒子相互作用インターフェースが用意されています。さらに、流体場、電磁場といった背景場の影響を考慮しながら粒子運動の追跡を行うことができます。本セミナでは粒子追跡モジュールにおける各種入力設定や計算結果の処理法などについて解説を行います。

「PDEモデリング」(講師:橋口 真宜)

COMSOL Multiphysicsは方程式ベースのモデリング機能を基本モジュールで提供しています。
社会現象や経済といった一般的なものを扱う数理科学では方程式の形自体を創り、その数値解を求める必要があります。COMSOLでは専門分野に即応できる各種モジュールが用意されていますが、急速な進歩をたどる今日、最先端研究では常に新しい対応が求められます。
本セミナでは、COMSOLの用意しているODE(常微分方程式)、DAE(微分代数方程式)、PDE(偏微分方程式)の各利用方法を解説することで、一般的な数理科学や専門分野モジュールの先鋭化・独自化を目指す方のニーズに答えます。専門分野モジュールになんらかの追加を行う場合、拘束、弱形式の考え方が必要になり、それにも触れます。
コース選択ページへ ページトップへ

分野別講義概要ご紹介 電磁気・光学系 機械・構造系 流体系 化学系 汎用・その他
開催月 2017年
1月
2017年
2月
2017年
3月
2017年
4月
2017年
5月
2017年
6月
2017年
7月
2017年
8月
2017年
9月
2017年
10月
2017年
11月
2017年
12月

専門分野コース 開講スケジュールとお申し込み

※お申し込みの際は、少なくともいずれか1回をご指定ください。満席の場合は選択できません。
 2017年1月 月別日程選択へ
2017年1月23日(月) 午前(10:00〜13:00) 伝熱モデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月23日(月) 午後(14:00〜17:00) リチウムイオン電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月24日(火) 午前(10:00〜13:00) CFDモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月24日(火) 午後(14:00〜17:00) 燃料電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月30日(月) 午前(10:00〜13:00) AC/DCモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月30日(月) 午後(14:00〜17:00) MEMSモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月31日(火) 午前(10:00〜13:00) 線形構造モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年1月31日(火) 午後(14:00〜17:00) MEMSモデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
 2017年2月 月別日程選択へ
2017年2月20日(月) 午前(10:00〜13:00) PDEモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年2月20日(月) 午後(14:00〜17:00) 腐食解析・電気めっきモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年2月21日(火) 午前(10:00〜13:00) PDEモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年2月21日(火) 午後(14:00〜17:00) プラズマモデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
 2017年3月 月別日程選択へ
2017年3月27日(月) 午前(10:00〜13:00) PDEモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年3月27日(月) 午後(14:00〜17:00) リチウムイオン電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年3月28日(火) 午前(10:00〜13:00) 粒子追跡モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年3月28日(火) 午後(14:00〜17:00) 燃料電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
 2017年4月 月別日程選択へ
2017年4月24日(月) 午前(10:00〜13:00) ローターダイナミクスモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年4月24日(月) 午後(14:00〜17:00) 腐食解析・電気めっきモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年4月25日(火) 午前(10:00〜13:00) 最適化モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年4月25日(火) 午後(14:00〜17:00) 燃料電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
 2017年5月 月別日程選択へ
2017年5月22日(月) 午前(10:00〜13:00) 伝熱モデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年5月22日(月) 午後(14:00〜17:00) リチウムイオン電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年5月23日(火) 午前(10:00〜13:00) CFDモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
2017年5月23日(火) 午後(14:00〜17:00) プラズマモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図  :締め切りました
 2017年6月 月別日程選択へ
2017年6月26日(月) 午前(10:00〜13:00) AC/DCモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年6月26日(月) 午後(14:00〜17:00) 燃料電池モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年6月27日(火) 午前(10:00〜13:00) 線形構造モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年6月27日(火) 午後(14:00〜17:00) プラズマモデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
 2017年7月 月別日程選択へ
2017年7月24日(月) 午前(10:00〜13:00) PDEモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年7月24日(月) 午後(14:00〜17:00) GMSシーケンス
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年7月25日(火) 午前(10:00〜13:00) CFDモデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年7月25日(火) 午後(14:00〜17:00) 可視化モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年7月31日(月) 午前(10:00〜13:00) AC/DCモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年7月31日(月) 午後(14:00〜17:00) 伝熱モデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
 2017年8月 月別日程選択へ
2017年8月1日(火) 午前(10:00〜13:00) RFモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年8月1日(火) 午後(14:00〜17:00) MEMSモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
 2017年9月 月別日程選択へ
2017年9月11日(月) 午前(10:00〜13:00) PDEモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月11日(月) 午後(14:00〜17:00) GMSシーケンス
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月12日(火) 午前(10:00〜13:00) 化学反応工学モデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月12日(火) 午後(14:00〜17:00) 腐食・電気めっきモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月25日(月) 午前(10:00〜13:00) 化学反応工学モデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月25日(月) 午後(14:00〜17:00) リチウムイオン電池モデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月26日(火) 午前(10:00〜13:00) 電気化学モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年9月26日(火) 午後(14:00〜17:00) リチウムイオン電池モデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
 2017年10月 月別日程選択へ
2017年10月16日(月) 午前(10:00〜13:00) 伝熱モデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月16日(月) 午後(14:00〜17:00) 最適化モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月17日(火) 午前(10:00〜13:00) 伝熱モデリング-3
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月17日(火) 午後(14:00〜17:00) 粒子追跡モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月30日(月) 午前(10:00〜13:00) GMSシーケンス
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月30日(月) 午後(14:00〜17:00) 腐食・電気めっきモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月31日(火) 午前(10:00〜13:00) 音響モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年10月31日(火) 午後(14:00〜17:00) MEMSモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
 2017年11月 月別日程選択へ
2017年11月13日(月) 午前(10:00〜13:00) RFモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月13日(月) 午後(14:00〜17:00) プラズマモデリング-1
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月14日(火) 午前(10:00〜13:00) AC/DCモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月14日(火) 午後(14:00〜17:00) プラズマモデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月20日(月) 午前(10:00〜13:00) 多孔質媒体内流・地下水流モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月20日(月) 午後(14:00〜17:00) 伝熱モデリング-2
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月21日(火) 午前(10:00〜13:00) ジオメカニクスモデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年11月21日(火) 午後(14:00〜17:00) GMSシーケンス
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
 2017年12月 月別日程選択へ
2017年12月18日(月) 午前(10:00〜13:00) 波動光学・光線光学モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年12月18日(月) 午後(14:00〜17:00) 伝熱モデリング-3
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年12月19日(火) 午前(10:00〜13:00) 半導体モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
2017年12月19日(火) 午後(14:00〜17:00) 可視化モデリング
会場: 弊社セミナールーム ※地図 
コース選択ページへ ページトップへ

《 お客様情報入力欄 》 

  ※は必須項目です。必ずご入力お願いします。

お名前
フリガナ
会社名/組織名
部署名/所属名
郵便番号
住所
学生の方は、ご所属の研究室の住所をご記入ください。
電話番号
内線番号
携帯番号
E-mailアドレス
弊社からの返信メールが、迷惑メールフィルタや受信許可ドメイン設定により不着となるケースが増えております。
(特に携帯メールとGoogle、Yahoo等のフリーメール)

原則として、所属組織から付与されているE-mailアドレスをご記入ください。
所属研究室URL
学生の方は、ご所属の研究室のWebページURLをご記入ください。
 

分野別講義概要ご紹介 電磁気・光学系 機械・構造系 流体系 化学系 汎用・その他
開催月 2017年
1月
2017年
2月
2017年
3月
2017年
4月
2017年
5月
2017年
6月
2017年
7月
2017年
8月
2017年
9月
2017年
10月
2017年
11月
2017年
12月

コース選択ページへ ページトップへ
  • セミナー